衝動性が抑えられない

小さい頃から友人を殴ること数知れず。

殴るまではいかなくとも学校、バイト先、サークルなどの人間関係の後先を考えず、衝動的に反抗的態度を取ることが非常に多い。

そしてこの衝動的な行動の後は激しい自己嫌悪に苛まれる。今もまさにそう。

しかし普段の私は、社会のルールを守ることを何よりも最優先させ、他人の目をいつも気にしているような小心者だ(と思う)。

何が私をこのような行動へと突き動かすのだろう。

自分がどこか人と違うことには薄々気付いていながら目を背けてきたが、いよいよ直視するときかもしれない。

このままだといずれ何か大変なことをやらかしてしまうかもしれない自分に怯えている。

誰にも言えないから

最近何もいいことがないと強く感じる。

夜になると自然と涙が出てくる。

言葉にできない虚無感や閉塞感が頭をもたげ、日々の生活から張り合いが無くなった。

今まで頼りにしていた人でさえ味方ではないような気がして、誰にも頼ることができない。

100%自分のことを理解してくれる人が存在しない、しえないという事実に身が震える。

誰にも言えないから、ほとんど誰も見てないこのブログに書きました。

人生で初めてデパスとやらを飲む

薬の名前くらいは聞いたことがあったデパス

調べたら依存性が強く離脱症状もあるとかなんとか。

ただこのまま就活を続けても良い結果は望めそうもない。

なんかだんだんメンヘラブログと化してきている。

焚き火でも見て落ち着きたい…野生に帰りたい…。

 

 

最近読んだ本 

 

焚き火の達人 (NEW OUTDOOR HANDBOOK)

焚き火の達人 (NEW OUTDOOR HANDBOOK)

 

 

増補改訂版 眠れなくなる宇宙のはなし

増補改訂版 眠れなくなる宇宙のはなし

 

 

1次面接すら通らない

今年早くも2社目のお祈り通知を受けて愕然とした。そういえば昨年から1次面接を通過した記憶が無いのである。

書類はぼちぼちの通過率だがどうしても1次面接を通り抜けられない。

就職課で号泣しながら留年を決めたということもあり、就職課からのサポートは出来得る限り受けている。

学歴は可もなく不可もなく。少ないが信頼できる友人は数人いる。恋人もいる。アルバイトもサークルも目一杯楽しんだ。どこにでもいる普通の大学生だったはずである。

しかし、周りとはあまりにもかけ離れた就職活動の結果。私は普通ではなかったのである。

私が人とどこか違っているかどうかはともかく、中学時代から「入眠困難」「中途覚醒」「早朝覚醒」「熟眠障害」その全ての産みの親、つまり不眠症だったため、せめて睡眠薬だけは貰おうと精神科を受診する事を決意。

病院の扉を開けようとしたところで体が止まる。映画『カッコーの巣の上で』の影響で、この扉を開けたらもう二度とシャバに戻れない気がした。

そう、私にできるのは急いで家に帰って発泡酒を煽ることだけである。

f:id:pokopokopanchi:20170316190148j:plain

 

面接でお祈りされた話

会社の説明も程々に、重役の思想を1時間半延々と聞かされた挙句、何と面接で丁寧にお祈り。

その面接の時間はおよそ10分。何を聞かれるのかと思ったがこれまた重役が話しっぱなし。

なあんだ僕が参加したのは講演会だったんだ!

 


All Tvvins - Thank You (Official Video)

先日の面接のこと

18卒にクラスチェンジし心機一転、昨年の反省を活かし早めに動くということを意識していた私は、説明会兼選考会に参加した。

参加者は私一人だったため、謎の優越感を感じながら会社の説明を聞き終えた後、簡単な性格試験と面接を受ける予定であった。

この性格試験は、与えられた書き出しに続けて自分の思ったことを書く形式だった。

書き出しは、「私の不安は~」「私のストレスは~」といった具合である。

本来の、頭のてっぺんからつま先までネガティブ根暗ナメクジ人間の私であれば、「私の不安は漠然とした将来への不安です」「私のストレスは人間関係です」などとどこかの文豪のようなことを書いてしまうところだ。

しかしここはやはり元17卒。「何年就活やっとると思っとんねん。こちとら2年目やぞ」と心の中で悪態をつきながら、社会が求めるポジティブ太陽サンサン人間を思い浮かべ、偽りの自分を書こうと思っていたその矢先、(私にとって)重大なアクシデントが起こる。

筆記試験の様子を社員にガン見されていたのである。

 圧倒的監視…!良心の呵責…!こうなるともう偽れない…!書いてしまう…本音…!

分かる人がいたら嬉しいんですけど、人にジッと見られるって相当なプレッシャーなんですよ。もしかしたら私はニュータイプなのかもしれません。

 

その後の面接はもう練習気分で受けようと思っていましたが、なぜか映画『セブン』やタランティーノの話に終始し(それなりに盛り上がった)、次の面接の糧にすることすら叶わず本日お祈りメールを頂きました。めげずに頑張ります。

売り手市場で売れ残った17卒

華麗に留年を決め18卒にクラスチェンジ。

現在絶賛就活中、本日も無事お祈りメールを喰らいました。

社会の壁は私にとってあまりに高い。

 

それでも、それでも…成功とはいかないまでも、なんとか社会に溶け込みたい…。

 

そんな大学生(半ニート)が今後どうなるのかをここに記したい。